クレジットカード現金化の手法と疑問解決

クレジットカード現金化のしくみを説明しますが、その前にクレジットカードにはキャッシングとショッピングの2つの枠がある事はご存知かと思います。仮にキャッシングの枠の限度額の一杯に利用してお金を借りたとしましてもキャッシング利用は可能なのです。この仕組みを利用して。物を買ってその買ったものを買取に出して、現金にすれば実質的に同様の効果が実現することになるのです。これが、クレジットカードでの現金化のおおまかなしくみです。但しキャッシングと異なり5万円の品物を購入して買取に出すと大抵手数料などの理由によって手にできる現金は多少の目減りするものです。よく似た例では500円で買ったテレフォンカードを金券ショップで買い取ってもらう時に1割程度差し引かれて450円の買取価格となるようなことが起こるのですが、他の高金利のローンと比べて換金率の面で有利な場合にはクレジットカード現金化の方法が有利な条件となる可能性もあります。要は換金率と金利を天秤にかけて判断する必要があるのです。クレジットカード現金化に係る懸念事項について説明します。これはこの行為が違法なのではという事ですこれは、立場によって解釈が異なる白とも黒ともつかないものなのですカード所有者にすれば、カードを使用して買い物後にその品を売ったという商行為に過ぎないものですが、カード会社の立場からすればショッピングではないキャッシング目的の買い物と解釈できカードの使用に関する契約違反だとする主張になるのです。よく似た例では新規開業路線の一番列車などの人気列車の指定券を―オークションで販売するようなものでこれは鉄道会社からすれば乗らない列車の指定券を転売目的で契約し法外な値段で二次販売したと解釈できますが、指定券を買った購入者におきましてはただの商行為です。現実には駅や空港近くに金券ショップは存在しています。そのためこの判断は利用者自身の責任において行う事になります。

http://www.genkinka-guide.info/